格安チケットを使うのとホテルパックを予約するのはどっちが安いのか、状況に応じて最安値をとろう!

- もっとも安く飛行機を利用できる方法あれこれ

サクラと日本酒

もっとも安く飛行機を利用できる方法あれこれ

格安航空チケットはおトクに旅行をしたい場合に検討するのですが、本当に安く利用できているのでしょうか?場合によってはパッケージツアーを使ったほうが安いこともあります。この記事では【もっとも安く飛行機を利用できる方法あれこれ】について詳しく解説します。

1番目は「割引航空チケット」を利用する方法です。

奈良の鹿たち

日本航空・全日空・スカイマークなどやピーチアビエーション、ジェットスター・ジャパン、スターフライヤー予約などの格安航空会社もあります。さまざまな航空会社が就航しているのですが、それぞれ割引き運賃制度を導入しています。

インターネットオンリーで予約させるようにしたりして、経営効率化を図って最安値料金を競っているのです。しかし激安ともなるとオフシーズンしか提供できません。いわゆる「早割」のバイは60日間とか70日前の割引がメインになっています。また前日まで割引できるものもあります。購入時期が早ければ早いほど安くなる傾向にあります。

その安さの代償として、もしも取消をしたら取消料が高くなります。メリットもデメリットもあるので注意したいですね。一般的には、予約をしたら3日以内に購入しなければならないようになっています。それ以内に購入手続きを完了させないと予約は流れてしまいます。

もしも、スケジュールが3日以内に確定しないならば購入するのはリスクがあります。その場合はもう一度、予約の取り直しをすればいいのです。またその日から3日以内に購入すればいいので期限を延ばすことはできます。とっても面倒な作業ですが、これをくり返せば期限を延ばせるのですが、そうそう簡単ではありません。

なぜならば、購入しようとする早期割引の運賃に該当する座席がない場合は予約の取り直しができなくなります。残席がないので予約ができません。そのタイミングで予約できる運賃を予約するしかありません。大抵は料金が高くなってしまいます。

2番目は格安航空会社(LCC)を使うことです。

運賃が上がってしまうと困ります。しかし、現在の割引運賃システムは空席連動型になっています。残席が少なくなることは人気がある座席になります。別に運賃を安くする必要がありませんね。必然的に料金は上がります。

とにかく料金は安いですし、直前に予約しても日本航空や全日空などよりも確実に安いですし、早期予約しなくても良いのです。それなりに安い価格で飛行機を利用できます。格安航空チケットが欲しいならばLCCは検討するに値します。

何度でも変更しても無料のところも多いです。しかし、デメリットがないわけではありません。新規予約手数料が必要だったり、支払い手数料が必要だったります。座席指定料金・受託手荷物料金が別途必要になりますから、実際に幾ら必要なのかを算出して比較することが大事です。

飛行機が欠航した場合でも代替え便が他社を使えないこともあります。日本航空や全日空の場合は欠航した場合、双方のフライトが使えます。けれどもLCCの場合は自社便以外に振り返ることができません。旅行会社で予約できない場合もあります。

またキャンセル待ちもできませんし、乗継時間も短く設定されているので忙しいです。子供料金の設定が無いし、無料の機内サービスもありません。

いかがでしたでしょうか?

もっとも安く飛行機を利用できる方法あれこれで、二つの方法をご紹介しました。
このほかにも、飛行機とホテルがセットになった国内ツアーやビジネスマン向けのビジネスパックツアーもあります。格安航空券が安い方法だと決めつけないほうがいいでしょう。それぞれのメリット・デメリットをしっかりと精査して比較しましょう。面倒かもしれませんが、それが安い国内格安航空券を見つける方法なのです。