注意したいビジネスパックツアーの落とし穴

- 注意したいビジネスパックツアーの落とし穴

サクラと日本酒

注意したいビジネスパックツアーの落とし穴

格安航空チケットを利用するのは旅行の達人であれば当然ですが、さらに熟知している人は、ツアーと比較しています。飛行機を使って旅行する場合、普通はホテルを利用しませんか?ご親戚やお友達の家に泊まるならば必要ないですが、それ以外の場合は宿泊機関の予約が必要。ビジネスパックはおトクな方法ですが注意しなければならない点もあります。この記事では【注意したいビジネスパックツアーの落とし穴】について解説します。

ビジネスパックツアーのデメリット

リスクと書かれた看板

  1. 「出発日の20日前からは予約の変更や取消が自由にできないこと」です。21日前までは取消料がかからないと決められています。フライト変更・日程変更も空席があれば自由にできます。しかし、20日前を過ぎてしまうと一度予約のキャンセルが必要ですし、取消料は高額です。スケジュールの変更に関しては格安航空券も不自由な面がありますが、ビジネスパックツアーも20日を切ると同じです。一度取消をして再予約することになります。
  2. 「当日に座席の空席があってもフライト変更ができないこと」です。突発的な用事ができて早く帰りたいケースもあります。空席があれば乗せてくれそうに思いますが一切できません。以前は柔軟に対応してくれていましたが、現在はシビアです。
  3. 「往路と復路は同じ航空会社でないと利用できないこと」です。航空会社が主催している場合は当然です。格安航空チケットの場合は、搭乗ごとの予約ですから自由に航空会社が選べます。ビジネスパックツアーの場合はそれができません。大手旅行会社が主催しているツアーの場合は、全日空や日本航空など自由に選べるプランもあります。
  4. 「ホテルのブッキングができないとビジネスパックツアーの予約ができないこと」です。飛行機の座席があってもホテルの部屋が満員であれば予約が完了できないシステムになっています。

格安航空チケットを利用する場合にホテルを予約しますが注意したい点もあります。

  1. 電話予約をする場合に、高い金額の料金を案内されることです。当然、高い部屋から売りたいのです。インターネットでは自分で探せますが、電話の場合は注意です。
  2. ホテルのホームページから予約することです。電話予約よりも安いし、別枠の設定があるので空室があるケースが多いです。
  3. ネットの予約専用サイトを利用する場合は、ポイントなどの特典があることです。頻繁に使うならば、ネット会員になっているといいでしょう。
  4. 旅行会社のホテル枠は別枠であることです。ブロックで在庫を持っていますから、多客時は空室があることもあるので、チェックしてみましょう。

いかがでしたでしょうか?

注意したい国内ビジネスパックツアーの落とし穴をご紹介しました。国内格安航空券を比較して上手に最安値を狙いましょう。割引プランも豊富にありますので、時間をかけて調べてみてください。