大手航空会社の割引航空券のメリット&デメリット

- 大手航空会社の割引航空券のメリット&デメリット

サクラと日本酒

大手航空会社の割引航空券のメリット&デメリット

日本航空や全日空やスカイマークなどの正規航空会社の格安航空チケットはおトクに利用できるので人気があります。実際に利用するには、どういったところに注意をしたらいいのでしょうか?今回は【大手航空会社の割引航空券のメリット&デメリット】について迫ります。

大手航空会社の割引航空券のメリット

  1. マイレージが貯まることです。格安航空会社(LCC)の場合はマイレージが溜まらないこともあります。大手航空会社の場合は安い料金でも金額に沿ったマイルが溜まります。全額ではなくて通常期の50パーセントが相場です。
  2. 片道ずつ購入してもいいことです。だから往路が全日空を使って復路をスカイマークを使う方法もとれます。片道ごとに割引種別があるので、もっとも安い料金プランを選べばいいのです。
  3. 半年前から予約できる「早割」があることです。事前に安い座席を確保できるのでスケジュールが組みやすいです。特に繁忙期は早めに予約しましょう。
  4. とにかく安いこと。通常運賃の25パーセントほどで購入できるものもあります。

大手航空会社の割引航空券のデメリット

  1. 運賃が常に変動すること。残席連動型のシステムですから、残席が多い搭乗日は激安ですが、残席が少なくなると高い運賃になります。
  2. 事前座席指定に制限があることです。簡単に言いますと、高額の運賃の人のほうが窓側や前方の良い席が指定できるようになります。安い運賃の人は真ん中や後方の座席しかアサインできないようになっています。
  3. 変更ができないことです。ノーマルチケットの場合は自由に何度でも追加料金なしでできます。国内早割運賃の場合は、変更そのものが認められていないのです。一度、取消料を払って、もう一度空席がある座席を予約しなければなりません。
  4. 取消料が高いこと。歳代で50パーセントの取消料が必要です。ノーマル運賃の場合の取消手数料は1枚について430円しかかかりません。この差はとっても大きいです。

いかがでしたでしょうか?

大手航空会社の国内割引航空券・格安航空券のメリット&デメリットをまとめましたのでご理解いただけたと思います。飛行機にのる場合は激安・最安値料金を狙いたいのは誰もが考えることです。場合によってはツアーで予約したほうが安い場合もあります。格安航空券の代表格である早割に関しても購入の制限もあるのでしっかりと考えましょう。