搭乗日当日や前日でも格安航空チケットが購入できる方法

- 搭乗日当日や前日でも格安航空チケットが購入できる方法

サクラと日本酒

搭乗日当日や前日でも格安航空チケットが購入できる方法

一時期は国内旅行を安くいくならば格安航空券を利用するのが一般的ですが、本当なのでしょうか?搭乗日の最安値の航空座席をゲットするには、知っておきたい裏ワザもありそうですね。今回は【搭乗日当日や前日でも格安航空チケットが購入できる方法】についてまとめておきましょう。

多客期は早期予約しなければならない!

空席さえあれば航空チケットは予約できます。電車やバスに乗るように空港に行って当日チケットを購入すればいいのです。しかし、お盆時期・年末年始などピークシーズンは当日空港に行っても満席です。多客期は事前に予約しておかなければなりません。

早期手配のメリットは座席の確保が確実になることだけではありません。早期割引運賃は大手航空会社を中心に設定されています。ノーマル運賃よりも激安で飛行機を利用できることが一番のメリットです。

予約方法は、航空会社から直接購入する方法と、旅行会社で購入する方法があります。航空会社のオフィシャル・ウェブサイトで購入すると安いと思っているでしょうが、もしも直近に予約をして利用する場合は、旅行会社の窓口のほうが安い場合もあります。

早割じゃない場合に限定ですが、旅行会社のほうが安く購入できるのは何故?

早割は日本航空の「先得」全日空の「旅割」が有名。搭乗する日にちの2ヶ月前から3週間前程度の予約に適用される割引制度。特徴として購入する日にちが早ければ早いほど割引率が高いです。しかし、販売されている座席数は限定的。発売と同時にソールドアウトになることもあります。

旅行会社が販売している格安航空チケットはツアー用のITチケットのばら売りです。まとめて仕入れているので大幅に安い特別割引料金が適用されています。旅行会社の窓口でも発売されていますが、インターネットのほうがさらに安いです。

ネットならば人件費や店舗維持費も不要です。その分、販売価格に反映させているのです。旅慣れている人は店舗にいくよりもネットで購入しています。

いかがでしたでしょうか?

搭乗日当日や前日でも格安航空券が購入できる方法をご紹介しました。インターネットで販売している旅行会社の国内航空チケットは24時間手軽に入手できます。手仕舞いする日にちも当日までの場合もあります。人件費や店舗費用の無駄を省いているので、探してみて比較しましょう。最近は航空チケット・ツアーなどを比較するサイトも人気ですね。

単品の格安航空チケットだけで比較するのではなくて、ホテルが必要ならばツアーもひっくるめて検討するべきでしょう。パッケージツアーはプランも豊富で激安料金のバーゲンなどもあるのです。